2021 JAPAN TROPHY Final / 2022 JAPAN TROPHY 200 

シリーズ年間チャンピオンを決める最終戦です。同時に2022 JAPAN TROPHY200でもあります。

レース名: 2021 JAPAN TROPHY FINAL / 2022 JAPAN TROPHY 200

主催: JAPAN TROPHY 200実行委員会(根本 努)

協賛: 後日発表

種目: 200km

定員: 100人

開催日時: 2022年1月9日(日)

コース: 沖縄本島

[追記]

2021年12月26日… コースの発表予定時期の連絡及びスタート地点変更のお知らせ

2022年1月1日… 暫定版レースコースを発表しました リンク

1月6日….gpx​ データをアップロード こちらから 

レース開催地での感染症拡大を受け、アフターRUNパーティを中止とする決定をいたしました

1月8日…チェックポイントについて、サポートクル―が最初にクルーイング可能な地点、ドロップバックの預け方、レース後のバックの回収方法などを追記しました

■レースの趣旨

新型コロナウィルス感染症(以下ウィルス)流行のため国内外の主要レース中止によって以下に該当する

ウルトラランナーが出走するためのレースの開催。

 

■想定ランナー

・国内外のメジャーレースに出走予定だった国内エリートランナー

・スパルタスロン、Badwater135、その他メジャーレースの参加資格を得るためのレース機会がないランナー

 

■レースの特長

レースの趣旨の通りマラニックやジャーニーラン的なものではなく、競技性を重視したレースになります。

(集団走や交流を目的としたものではありません)

 

■定員:合計 100名前後

  • 2021年JAPAN TROPHY200エントリー者(DNS, DNF含) 60名

  • JAPAN TROPHY QR突破者20名(突破者が20人未満の場合、その実数)

  • 有参加資格者上位 40名 (QRの人数に応じて変更いたします)

■エントリーカテゴリー

・L  15人程度

・A  20〜30人程度

・B  20〜30人程度

・C  20人程度

・Z(一般)  20人程度

​■JAPAN TROPHYランキングについて

・1位200ポイント、最下位20ポイントとし、ゴールタイムに応じてポイントを算出します。
・詳細はこちらから

■エントリー基準

・L

World’s Classic Ultramarathon(ウェスタンステイツ100、スパルタスロン、UTMB、Badwater135、コムラッズマラソン)を合計10回以上ゴールしたことがある

世界選手権(100km、24時間走)の代表経験が3回以上ある

上記レースの優勝経験者

 

・A

250kmクラスのメジャーレースを上位タイムでゴールしたことがある

スパルタスロン30時間以内(女子32時間以内)、Badwater30時間以内(女子32時間以内)、

さくら道国際ネイチャーラン27時間以内(女子29時間以内)

24時間走 男子240km以上、女子210km以上

100km 男子7.5時間以内、女子8.5時間以内程

その他のメジャーレースの優勝者

(タイム、記録は目安です。応募者多数の場合、選考となります)

※ JAPAN TROPHY実行委員会の定義するメジャーレースとは…

スパルタスロン、Badwater135クラスのレースのほか、国内では神宮外苑24時間チャレンジ、サロマ湖100kmなどの公認レースを指しています。その他お問い合わせください

・B

スパルタスロン33時間以内(女子34時間以内)、Badwater33時間以内(女子34時間以内)、

さくら道国際ネイチャーラン30時間以内(女子31時間以内)

24時間走 男子220km以上、女子200km以上

100km 男子8.5時間以内、女子9.5時間以内

その他、メジャーレースの上位者

(タイム、記録は目安です。応募者多数の場合、選考となります)

 

・C

カテゴリーL、Aのランナーによる推薦(L,A1人につき各1人)

World’s Classic Ultramarathonのレースサポートまたはボランティアスタッフ経験者

国内外公認24時間走のハンドラー経験者

(応募者多数の場合、選考となります)

 

・Z

100km 10.5時間以内

リタイア時に自力(徒歩または公共交通機関等)でゴール地点に戻ってこられる人

(応募者多数の場合、抽選となります)

 

開催地に対する感染症の影響を配慮した上で定めた基準であることをご理解ください。

各カテゴリーの参加資格についてはクリック順や抽選によって実力のあるランナーが漏れることのないよう設定してあることをご理解ください。また、エントリーはレースルールを遵守できる方、影響度の高いレースのためそれにふさわしい行動をとることができる方を条件とします。

■エントリー料

・L  9,000円

・A   15,000円

・B   20,000円

・C   22,000円

・Z     22,000円

・レイトエントリー 26,500円 (一律料金。戦績によって、カテゴリーを振り分けます。)

レースが開催されなかった場合は振込手数料(一律500円)を差し引いた全額を返金します。

自己都合によるキャンセルは返金はできません。

□ エントリー期間

申込期限:7月20日

入金期限:8月20日

□ 最終追加エントリー

JAPAN TROPHY FINALは運営の効率化と安全を図るため、今回100名を目安として選手を選出しております。

現在、若干名の出走辞退選手が発生していることから、最終追加募集をおこないます。

申込期限:12月20日(先着順)

入金期限:12月30日

たくさんのご応募ありがとうございました

■制限時間

・200km 30時間

レースコース(別ページへのリンク)

2021年JAPAN TROPHY200をベースに、

より右左折を少なくし、迷いにくいコースとなりました(リンク)

■ スタート・当日受付等

・グループを2つに分けスタートいたします。
 ※4:00スタート:カテゴリーL, A, B
 ※4:10スタート:カテゴリーC, Z
 (集合場所・集合時刻は後日ご連絡いたします。)

・レース当日のチェックイン/受付/ドロップバック受付

 カテゴリーL, A, B: 3時30分ー3時45分

 カテゴリーC, Z:3時40分ー3時55分

■ スケジュール(予定)
2022年

1月8日(土)14:00〜17:00 選手受付

場所:メルキュールホテル沖縄那覇 ロビー

1月8日(土)16:30〜18:00 エナジーチャージビュッフェ
場所:同ホテル パスタなど糖質中心のレース前ビュッフェです。

1月9日(日)
3:30 スタート地点集合 (メルキュールホテル沖縄那覇 エントランス前)
※4:00スタート:カテゴリーL, A, B 

※4:10スタート:カテゴリーC, Z

1月10日(月)

※10:00 レース終了:カテゴリーL, A, B 

※10:10 レース終了:カテゴリーC, Z

17:00〜18:30 【中止】アフターRUNパーティ(着席式ビュッフェ)

(※感染症の流行拡大により、中止とさせていただきます。

お申し込みをされた方につきましては、受付にて返金対応をさせていただきます)

■ レースルール

​●補給:自動販売機、コンビニをご利用ください。

●決められたチェックポイント2か所で、必ずスタッフにゼッケンのチェックをもらうようにしてください。

チェックポイント①:約72km地点:本部町折り返し地点

チェックポイント②:約172km地点:奥武島の周回

※それぞれスタッフが違う色のマジックでランナーのゼッケン(bib)にチェックをします

※ゴール時に2色のチェックが入っていない場合には、正式な記録として認められません

●ドロップバッグ

決められた地点で事前に預けたドロップバッグを受け取ることができます。

(着替え、補給物、ハンドライト用電池などにご利用ください。通過後はゴールまで搬送します)

・ドロップバックは2種類用意があります(100km用(紐の色が)、150km用(紐の色が赤)

・バックには、ご自身のBib番号、お名前を書いた上で、レース開始15分前にスタッフに預けてください。

・ドロップバックは、100km、155kmでそれぞれピックアップが可能です

100km地点…宜野座ドーム手前

155km地点…南城市津波古付近(コンビニ_ファミリーマートとスーパー_かねひでの間の地点)

※上記以外の、貴重品預かりやご自身のスーツケース等について、実行委員会のお預かりはできません。ホテルに預けるようにしてください。

※100km地点のドロップバックを、155km地点に移動させてほしい、と言ったリクエストは受けることができません。必ず、受け取りたいアイテムを分けて入れるようにしてください。

● ゴール後・リタイア後のドロップバックについて

下記のように対応いたします:

・10日AM10時以降から、受取が可能です

全てのドロップバックは、レース終了後、メルキュールホテル沖縄那覇にて保管いたします

11日AM:実行委員会まで連絡ください

・11日PM以降:大変恐縮ですが、預かったものに依らず、全て破棄させていただきます。

​●必携品(下記の情報は、2021年のものとなります)

・ヘッドライト及び(または)ハンドライト(可能な限り両方)

・替えの電池

※ライトにつきましては、各自の判断といたしますが、スタート地点で携帯されることをお勧めいたします。

●サポートカーおよびサポートクルー

・選手1人につき、サポートカー1台とサポートクルー2人までの帯同が可能です。

(中学生以下のサポートクルーについては、その2名には含めないものとしますが、夜20時までのサポートであること、他のクルーと同様、道路交通法の厳守ならびに感染症の感染対策の徹底をしてください。ならびに、中学生以下のサポートクルーについては、大人のサポートクルーの補助業務とし、中学生以下のクルー「だけ」がメインでサポート業務に従事することはならないこと)

●サポートクルー:40km地点までは、クルーイングをすることができません。

・クルーが車内(窓など)から、サポートアイテムを直接選手に手渡しすることはできません。

・沖縄県外から参加の選手のサポート手配は、選手個人でお願いします。
・県外からサポートクルーを同行されるか、SNSなどで現地の方をお探しください。

・ランナーとの並走(道路上での低速運転)ならびに路上駐車については特に注意を受けております。道路交通法を遵守した上での運転をお願いいたします。​

・サポートクルーは、サポートカーから出て、ランナーに対するサポートを可能とします。
・窓を開けての応援や指示は可能とします。
・万が一のリタイアの際、サポートカーでゴール地点や宿泊ホテルに移動すること(ただし、自身のサポートカーに限ります)

●その他

・歩道がある所では歩道を走行し、信号を遵守してください。

・道路の左側を走行してください。(歩道が右側にしかない場合は歩道を走行)

・コンビニ入店時、道路混雑区間はマスクの着用を義務とします。(感染症対策)

・イートインコーナーでの飲食や休憩のご利用はお控えください

・走行中ランナー同士で大きな声をあげたり、長時間の会話をすることはお控えください。

・イヤホンを付けての走行は実行委員会が見つけ次第、失格とさせていただきます

・コース上わかりにくい箇所につきましては、ピンクのリボンをつけております

(奥武島左折箇所、約194km地点高架下を走行する箇所)

​● 開会式、閉会式、レース説明会

行いません(随時、要項の変更点等を参加者全員にメール配信いたします。問い合わせも可能です)

● 保険

スポーツイベント保険に加入しますが、独自で備えることをお勧めします。

● 表彰

優勝者にトロフィー、賞金、完走者全員に完走証、記録証。

● 参加賞 (2022年大会においては、販売いたしません)

レースロゴ入り高機能Tシャツ(有料)を事前購入可能。

● リタイア

自力(徒歩または公共交通機関等)でゴール地点または宿泊施設に戻っていただきます。

​→ ご自身のサポートカーでゴール地点または宿泊施設に戻ってください。(2020/12/18)

→ その際、大会実行委員までご連絡ください。つながらない場合には、ショートメールまたはメールでも可能です。

​​​​

■ その他の連絡

・1泊3日、2泊4日のお得なJAPAN TROPHYスペシャル宿泊プランをご用意いたします。

(いずれもエナジーチャージビュッフェ、アフターRUNパーティが含まれます)

・メルキュールホテルで、レンタカー付のプランをご用意する予定です。

JAPAN TROPHY SERIES

>> JAPAN TROPHY QR

>> JAPAN TROPHY 24h 兼 第一回24時間走日本選手権
>> JAPAN TROPHY 峠100

※すべてのレース要項は予告なく変更する場合があります。
※また、新型コロナウィルスの感染防止対策については状況に応じて提案させていただきますので、ご協力をお願い致します。